【寄稿20】ワークショップ「淨圓寺・鳥居観音史料から見る近代日中関係 」»»Web会員««

【Event】ワークショップ「淨圓寺・鳥居観音史料から見る近代日中関係」


水野氏研究会 会員各位

 今回のワークショップで取り上げる、曹洞宗の水野梅暁師と浄土真宗の藤井草宣師は、一般的にはあまり知られていませんが、戦前の日中関係をみていく上で、欠くことのできないとても重要な人物です。現在、私たちグループは、このふたりについての史料調査を進めていて、この度、その中間報告を行うことになりました。来場は自由ですので、ご関心のある方はどうぞお気軽にお越しください。

                         水野氏研究会web会員 広中一成



e0144936_202027.jpg

========================================
ワークショップ
「淨圓寺・鳥居観音史料から見る近代日中関係」」


主催:愛知大学国際問題研究所
共催:愛知大学東亜同文書院大学記念センター
日時:2013年2月21日(木) 13:00-18:00
会場:愛知大学名古屋校舎 厚生棟3F W32会議室
    (名古屋駅より徒歩約10分、または名古屋駅からあおなみ線ささしまライブ駅で下車し徒歩2分。駐車場なし)
参加:事前申し込み不要・参加費無料

趣旨
日中戦争時期を中心に、近代の日中関係は複雑かつ困難なものであった。そうした、本学の前身のひとつである東亜同文書院、さらに書院に関わる藤井草宣や水野梅暁の行動は、注意深く一次史料から検討されるべきである。このワークショップでは、そうした藤草宣と水野梅暁に関わる史料状況と、そこから見える近代日中関係の一面をあきらかにしたい。ここでは、藤井草宣に関連する史料を蔵する豊橋淨圓寺、水野梅暁の史料を蔵する埼玉県飯能の鳥居観音にスポットを当て、実際の史料調査作業の経緯を含め、報告する。

プログラム(予定)【update 2013.02.07】
主催者あいさつ
1、藤井草宣・水野梅暁について…三好章(愛知大学)・藤井宣丸(淨圓寺・草宣子息)
2、淨圓寺史料と近現代中国社会史研究…佐藤仁史(一橋大学)
3、日中戦争に関する淨圓寺史料について…広中一成(三重大学)
4、淨圓寺所蔵水野梅暁関係書簡について…宮原佳昭(南山大学)
5、淨圓寺史料のデジタル化…佃隆一郎(愛知大学東亜同文書院大学記念センター)
6、淨圓寺史料の整理について…野口武(愛知大学大学院)
7、鳥居観音所蔵史料…藤谷浩悦(東京女学館大学)・川口泰斗(鳥居観音職員)
総合討論
終わりのあいさつ…馬場毅(愛知大学国際問題研究所所長・東亜同文書院大学記念センター長)

お問い合わせ:愛知大学国際問題研究所事務室、052-564-6121
========================================

【参考資料】

Ⅰ.水野梅暁(みずの ばいぎょう)略歴
明治10(1877)年1月2日生まれ。広島県出身
昭和24(1949)年11月21日死去。73歳

雑誌「支那時事」主催
支那時報社設立(大正13(1924)年)
日満文化協会理事
東亜仏教大会役員
著作「支那仏教の現状について」など

◉ 明治時代に愛知大学の前身である上海東亜同文書院に学ぶ。
後に曹洞宗開教師となり、湖南省長沙において、僧学堂『雲鶴軒』を開設。(のち本願寺派)
中国の文人墨客と交わり仏教の布教に従事。
外交家・ジャーナリストとしても、孫文・蒋介石といった革命派の人物や清朝最後の皇帝、溥儀など中国要人と広く交流。
玄奘三蔵法師の霊骨を日本仏教徒を代表して中国国民政府から分贈され、鳥居観音の三蔵塔を建立し納骨。


Ⅱ.白雲山 鳥居観音
 埼玉県飯能市大字上名栗3198
1.鳥居観音と水野梅暁禅師
 水野禅師が病気の静養地として、鳥居観音の開祖平沼彌太郎宅を訪れたことから、仏教を通じての両氏の交流は深まり、水野禅師は玄奘三蔵法師を祀る霊骨塔建立に携わり、鳥居観音に霊骨を分骨。 

2.鳥居文庫 
  水野梅暁の多くの遺品および中国の重要人物の書画文献数百点が鳥居文庫に収蔵。

========================================

[註]

【ワークショップ】
 もともとは「仕事場」「工房」「作業場」など、共同で何かを作る場所を意味していた。
しかし最近は問題解決やトレーニングの手法、学びと創造の手法としてこの言葉が使われる事が多く、あらゆる分野で「ワークショップ」が行われている。
 「ワークショップ」は一方通行的な知や技術の伝達でなく、参加者が自ら参加・体験し、グループの相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイルとして定義されている。
 ファシリテーターと呼ばれる司会進行役の人が、参加者が自発的に作業をする環境を整え、参加者全員が体験するものとして運営される。
 近年、学術大会などでも「ワークショップ」と称する集まりが開かれることも多く、研究者が興味を持っているマイナーな研究分野の研究会であることが多い。(出典:Hatena )


※水野梅暁については、その出自など不明な点が多く、現在、水野氏史研究会でも調査研究中ですが、会員各位および本記事をご覧の皆様の中で、「水野梅暁」に関する情報をご存じでしたら是非お知らせください。 (研究会事務局)



2013.3.7 update
愛知大学ニュース
[PR]

by mizuno_clan | 2013-01-30 15:11 | Event-3(諸事)