【推薦図書2】「戦国期知多半島の豪族と禅宗菩提寺」

「戦国期知多半島の豪族と禅宗菩提寺」
e0144936_18254789.jpg 2008年8月9日「第一回 水野氏史研究会 連絡会」懇親会会場で懇談させていただいた、織豊期研究会々員で、名古屋大学特任准教授・斎藤夏来先生から、2005年9月に上梓された『戦国期知多半島の豪族と禅宗菩提寺』に、「小河水野氏」のことを書いておられると教えていただきましたので、遅ればせながら会員各位にご紹介いたします。
 本著は日本福祉大学知多半島総合研究所/編 新刊『知多半島の歴史と現在 No.13』に収録されております。(執筆当時は日本福祉大学非常勤講師)
 題名にある知多半島の豪族とは、水野氏と佐治氏であり、それぞれの菩提寺である禅寺に焦点を当てた「小河水野氏の史料」として、誠に興味深い論考であります。
 会員各位にはぜひご精読をお勧めします。 (研究会事務局)

update 2010.04.01
斎藤夏来先生は、2010年度から、岡山大学教育学部 社会科教育 日本史学の准教授に着任されました。



====================================================
『知多半島の歴史と現在』 No.13
編者:日本福祉大学知多半島総合研究所
発行所 : 校倉書房 
発行年月 : 2005.9
  サイズ : 21cm / 241p
  ISBN : 4-7517-9013-7
  価格 : ¥3,150(税込)

[歴史・民俗]
「戦国期知多半島の豪族と禅宗菩提寺」斎藤夏来/著
<目次>
はじめに
1 水野氏の台頭と地域寺院
2 水野氏の先祖「神話」と乾坤院
3 佐治氏の先祖「縁起」と斉年寺
おわりに


<内容>
●本書「おわりに」から抜粋
 「本稿では、知多半島地域史の重要なてがかりとしてすでによく知られている「水野先祖御判物写」『万松寺斉年寺縁起』などの諸史料が、いずれも地域の新興勢力である禅宗寺院の開基檀越の由来を語る「神話」ないし「縁起」として伝来している事実にあらためて注意を喚起した。そのうえで、これらの記述内容について指摘されている「作為性」は、見方をかえれば、現在の地域史研究の水準でも完全に否定することは難しい、ある意味では地域の歴史の焦点を鋭くついた教養の所産であることをみた。このような禅宗寺院周辺の教養が、当地域の新興勢力であった水野氏や佐治氏をひきつけ、彼らの禅宗受容、すなわち禅宗系菩提寺の創建を促したものではないかと考えてみた。[後略]」


<著者略歴>
『禅宗官寺制度の研究』から抜粋編集
1969年 福井県に生まれ愛知県に育つ
1993年 東京大学文学部第二類(史学科)国史学専修課程修了
1999年 名古屋大学大学院文学研究科博士課程史学地理学専攻単位取得退学
2001年 博士(歴史学)
 日本学術振興会特別研究員
 日本福祉大学情報社会科学部非常勤講師
 愛知県立大学文学部非常勤講師
 名古屋大学特任准教授(付属図書館研究開発室)
2010年 岡山大学教育学部 社会科教育 日本史学 准教授

[著書]
・『禅宗官寺制度の研究』 吉川弘文館 2003年
・「織豊期の公帖発給権――五山法度第四条の背景と機能――」
  『織豊期の政治構造』 編者 三鬼清一郎 吉川弘文館 2000年 第一部 権力構造論

[主要論文]
・「禅宗十方住持制の再検討」(『禅文化研究所紀要』26、2002年)
・「戦国期知多半島の五山文学受容―『鏤水集』の検討を中心に―」(『年報中世史研究』 29、 2004年)
・「秀吉の画像賛」(『禅学研究』86、2008年)
・「家康の神格化と画像」(『日本史研究』545、2008年)


<書評>
☆著者の禅宗についての史料考証の確かさについては述べるまでもないが、関連する16の論考、30数点にも及ぶ史料考証をもとに、小河水野氏の菩提寺である宇宙山乾坤院(愛知県東浦町)との関わりについて、宗教と水野氏という興味深いテーマを取り上げている。史料の多用さにも感心するが、緻密でありながらも整然とした読みやすい文体には、著者の高才の一端がうかがわれ感服する。このような素晴らしい研究に心から敬意を表したい。
なお、本著には記載されていないが、永享九年(1437)生まれで、小河水野の祖ともいえる水野貞守は、水野郷(愛知県瀬戸市)において仏道に帰依し、同郷の感應寺に香華堂を建立したと記録にあるそうである。したがって水野貞守が寄進し川僧慧済により開山した宇宙山乾坤院の建立以前に、既に水野氏と宗教との関わりがあったことになる。――水野青鷺
[PR]

by mizuno_clan | 2008-09-12 18:34 | 推薦図書

「水野広徳ミュージアム」

e0144936_1219195.gif
水野廣徳(みずのひろのり)
[略歴]
 1904(明治37)年、日露戦争勃発。水野広徳は水雷艇の艇長として従軍し、対馬海峡の警戒や旅順港での鑑定援護や戦闘に参加。露天艦橋しかない小型艦艇での勤務は苦労も多かったと思われるが、数々の武勲によって、東郷平八郎連合艦隊司令長官から感状も受けている。
 水雷艇長に命じられた翌年の1904(明治37)年2月、ついに日露戦争が開戦となる。
水野は戦争の期間を通して、水雷艇長として旅順封鎖や日本海海戦に参加した。
 その従軍記事は『戦影』(旅順法三従軍記事)、『此一戦』(日本海海戦記)にまとめられている。『戦影』は、司令部から当時の実践記を書くように言われ、実状を書き綴って提出したものであった。国内の新聞や雑誌に掲載され、海軍には従軍記者がいなかったのと、実戦に参加した軍人が書いたということで注目を浴びる。―――― 「水野広徳ウィキペディア」から抜粋


●水野広徳については、上記の如く『此一戦』の著者として高名であり、また軍事評論家、ジャーナリストとしても著名である。彼は、太平洋戦争の20年も前から日米開戦に対し警鐘を鳴らしていたのである。
 「特定非営利活動法人 アイムまつやま様」が運営するホームページ「水野広徳ミュージアム」には、水野広徳を顕彰する様々な情報が美事に集約されていることから、今般関係機関の「RNBコーポレーション(㈱ 様」にご許可を得て、ホームページの記事と写真の一部転載およびリンクを張る事に対し、ご快諾を頂きましたので、水野氏史研究会会員各位にご紹介いたします。なお末筆ながら関係各位に深謝いたします。

                                              研究会事務局


「水野広徳ミュージアム」ホームページへは<ここをクリック>して下さい
e0144936_14432241.gif



●本ブログのリンク集にもリンクしました。



2008/09/11追記
●RNBコーポレーション(㈱ 様のご厚意により、同社がDVDでライブラリーに所蔵されている「水野広徳の生き様をドラマ仕立てにし、南海放送が放送した記録」を、DVDで無償でお貸し出し下さいました。
早速視聴させていただきましたところ、さすがに映像のプロが制作されたものであることから、当時の映像を交えた素晴らしい作品となっておりました。
 皆様には残念ながらこれを公開する事は出来ませんが、機会が有ればぜひご鑑賞下さるようお勧めいたします。
                                     事務局世話人 水野青鷺

次にその要旨を記します。

[DVD]
タイトル:悲劇の予言者
副タイトル:海軍大佐 水野広徳の戦い
放送日:1995年7月1日
音声:ステレオ
サイズ:2GB 45分
制作:南海放送/オータスジャパン
録画日:1995年4月11日

放映タイトル
 「終戦50年特別企画」
出演者 水野広徳→ 林隆三
      水野ツヤ子→烏丸せつ子
演出  弘岡寧彦(南海放送)
制作著作 南海放送
[PR]

by MIZUNO_CLAN | 2008-09-08 12:23 | File

アクセス解析 No.2

●水野氏史研究会の2008年6月から8月までの「本ブログへの第2回アクセス解析」を発表いたします。
 一般の研究会では「会誌」を発行しておりますが、本会では当面その発行の予定はないことから、会誌の発行部数を公表する事は出来ません。従って本ブログへのアクセス状況(ユニーク・ユーザー数)をご報告する事で、会誌の発行部数に代替させていただきます。
 ※本ブログに設置している「カウンターの数値」は、途中で開設したものであり下記の数値とは異なります。

本会開設以来8月末で6ヶ月経ちましたが、会員各位始め多くの皆さんのご支援により、本アクセス数は順調に伸張してきております。ここに改めまして御礼申しあげますと共に今後とも引き続き御愛顧賜りますようお願い申し上げます。 
                                                 研究会事務局


【エキサイトブログ・レポートの集計データ】 更新2008.09.01
▼2008.6.1~2008.8.31 までの“ユニーク・ユーザー数”
合計 1,100 ip (前回比140.0%)

前計   785 ip
累計 1,885 ip
 ※ユニーク・ユーザー【unique user】数とは、ブログにアクセスされた接続ホスト数をユニーク(同じ物が他にないの意)な訪問者の数として日毎に集計している。つまり同一人物が1日に数回アクセスしても、最初の1回のみがカウントされる。この集計基準は、ページ・ビューなどの基準に比べ判定方法が難しいが、実質訪問者数を示している事から、サイトの人気度をより正確に反映できる。


2008.6.1~2008.8.31 までの“ページ・ビュー数”
合計 3,627 pv
(前回比99.6%)
前計   3,640 pv
累計  7,267 pv
  ※ページ・ビュー数【page view】(=表示画面閲覧数)の月別日計グラフを以下に掲載する。
通常、訪問者はサイト内の複数のページを閲覧するため、訪問者数(ビジット)よりもページビューのほうが数倍多くなる。



e0144936_217254.gif
2008.8 合計 1,206 pv




e0144936_2174820.gif
2008.7 合計 1,394 pv




e0144936_218969.gif
2008.6 合計 1,027 pv

[PR]

by mizuno_clan | 2008-09-01 02:19 | アクセス解析