【推薦図書7】『続 加藤清正「妻子」の研究』 »»Web会員««

『続 加藤清正「妻子」の研究』

 本会員の水野勝之氏・福田正秀氏による共同研究『加藤清正「妻子」の研究』が、2007年10月に上梓され、本ブログにおいても紹介したが、この書により、根拠もなく語られていた清正の妻子の全貌を、史料考証により明らかにされた。
 刊行を機に、新たな史料の発見と発掘が進み、積み残された幾つかの謎も解け、お二人の研究は進展し、待望の続編として纏められようやく刊行されるに至った。
 この研究から見えてきたのは、清正と妻子とめぐる様々なの愛の形であった。

 本書は題名通り「加藤清正の妻子」についての研究書であるが、「あとがき(水野勝之)」に、「――清正夫人となった水野勝成の妹、清浄院のことを知りたいという単純な動機から、続編を出版するまでの広がりを見ようとは……」と書かれているが如く、水野家を出発点とした著書であるだけに、水野家についての史料考証は秀逸である。
中でも「第四章 正室清浄院(水野氏)と八十姫(瑤林院)」には、八十姫(瑤林院)生母を証明する該当史料が「水野家記」(福山城鏡櫓蔵)、水野家文書の「水野記」(京都・龍光院蔵)などから、根拠部分が紹介されている。この他、写真と共にそ今回初めて発見された史料も掲載されている。
 また福田・水野両氏がそれぞれ記された「あとがき」には、異口同音に「様々不思議な導き、宿命の出会い」の体験を書いておられるが、水野氏史研究においても過去に様々な不思議な導きを体験しており、多くの先人のお導きお力添えがあってこそ、氏史研究が進んでいくことを改めて実感した次第である。

 尚 今般著者の水野勝之氏から、本著の発刊に先立ち水野氏史研究会に恵贈されました。お心遣いに深謝申し上げます。

 会員各位にはぜひご一読をお勧めします。
                                 研究会事務局


e0144936_165727.jpg
e0144936_16572539.jpg



『続 加藤清正「妻子」の研究』
水野 勝之著
福田 正秀著
ジャンル:論文・学術書・参考書
ISBN:978-4-434-16325-8
ページ数:312ページ
判型:上製本 A5判
発売日:2012年1月24日
価格:3,150円(本体価格3,000円)
分類コード:3021
出版 : ブイツーソリューション
発売 : 星雲社

【内容紹介】
新史料から見えてきた愛のかたち
『関宿加藤家文書』
『高田藩榊原家史料』
「第29回熊日出版文化賞」受賞作品 続編


【目次】
はじめに

第一部加藤清正の妻子
第一章清正の息女名前の謎
第二章糟糠の妻山崎氏と虎熊・百助
第三章側室竹之丸殿(淨光院)とあま姫(こや)
第四章正室清淨院(水野氏)と八十姫(瑤林院)
第五章側室川尻殿(本覚院)と忠正(清孝)
第六章側室正應院(玉目氏)と忠廣
第七章清正の息女あま姫(こや)
第八章清正の息女瑤林院八十姫
おわりに―「加藤清正の妻子」まとめ
◎加藤清正妻子年譜

第二部新出史料の研究
第一章関宿加藤家文書
第二章高田藩榊原家史料
第三章成羽山崎家文書
第四章庄林氏由来
第五章加藤清孝史料
第二部のおわりに

参考文献

あとがき



●update 2012.02.26
「熊本日々新聞」の書評に『続加藤清正 妻子の研究』の書評が掲載されました。
e0144936_15541695.jpg

[PR]

by mizuno_clan | 2012-01-22 17:02 | 推薦図書

【寄稿19】水野忠央公奉納の十一面観音 »»Web会員««

◆本会々員・後藤芳央様所蔵「第十一代新宮城主水野忠央公奉納十一面観音」
 第十一代新宮城主水野忠央公から、初代新宮城主水野重仲公に奉納されたと推定される「十一面観音」の記事と写真が、本会々員・後藤芳央様から寄稿されましたので投稿します。
                          研究会事務局



第十一代新宮城主水野忠央公奉納十一面観音

 今回は入会をさせていただきまして有難うございます。
小生の家に総高80cmの十一面観音様が居られます。光背にかすかに読み取れますが、「紀伊国新宮城主水野忠央公」「全龍院殿ニ奉納ス」とあります。かねてより気になっていましたが、貴会に判る方が居られるかもしれないと思い入会させていただきました。
 光背の裏側に痛みがありますが、像自体は指等の欠損も無くいたって良好です。「紀伊国新宮城主水野忠央公」は写真でも確認できますが、「全龍院殿ニ奉納ス」の部分は修理跡があるため写真では確認できません。しかし、よく見ると間違いなく書かれていることが確認できます。この仏像の由緒が少しでも解かりましたらと思っています。
 「全龍院(*1)」とは初代新宮城主水野重仲(*2)のことと思われます。といいますのも、重仲の法名は「全龍院殿日山常春大居士」となっています。ただ、ネットで調べてみました範囲では、荼毘にふされたお寺と、菩提寺とお墓が別々で、この仏像が何処にあったものかと悩んでおります。この仏様の由緒がわかりますように、お手伝いいただけましたら幸いです。
 以前別の仏像をレントゲンを撮りましたところいろいろなものが出てまいりました。もし由緒が光背に書かれている通りでしたら、レントゲンを撮ってみたいと思います。

                           後藤芳央


[註]
*1=『寛政重修諸家譜』「重央」の最後部に、「元和七年十一月十二日和歌山にをいて卒す。年五十二。月山常春[今の呈譜、日山常春全龍院]と號す。同國直川の全正寺に葬る。」とある。元和七年(1621)。
*2=『寛政重修諸家譜』の「重央」には、「藤四郎 藤次郎 對馬守 出雲守 従五位下 今の呈譜はじめ重信、重央、のち重仲にあらたむといふ。水野藤次郎忠分が三男、母は某氏」とある。

[参考資料]
【新宮水野家譜】
重仲━重良━重上=重期=忠昭━忠興=忠實=忠寄━範明=重啓━忠央━忠幹━


e0144936_22162256.jpg

e0144936_22165195.jpg

e0144936_2217660.jpg

e0144936_22172467.jpg

[PR]

by mizuno_clan | 2012-01-20 22:23 | ★史料紹介

2012年賀

e0144936_8285345.jpg
[PR]

by mizuno_clan | 2012-01-01 00:01 | Information